【初心者向け】暗号資産と為替比較してみた

みなさん暗号資産女子の金ちゃんです🗣
今回は初心者の方々がまず最初に
「資産を増やしたいけど色々あってどれを選んだらいいか分からない」と
思ってる方も多いと思いますので、
暗号資産と為替を比較してどちらが初心者の方にとって合うのか
案内していきたいと思います😉 ✨

✔暗号資産と為替の違い

為替の歴史は古く、日本では江戸時代に大きく発展したと言われています。
比べて暗号資産の歴史は新しく、代表格でもあるビットコインが誕生したのが2009年なのでまだ12年ほどしか経っていません😮 /

 

取引時間の相違

この2つの大きく違うところは1番に取引時間が違という点でしょう。
為替は国がその価値を保証していてコントロールしています。
なので24時間ではありますが平日のみ市場が開き、動いています。
暗号資産はというと、ほとんどの通貨が非中央集権でデジタル通貨なので 365日24時間稼働しているということです。
つまり、

・為替だと会社員の人には不向き
・暗号資産だと会社員の人に向いている

ということになります。
土日や祝日でも稼働してくれている暗号資産は
平日会社で働くサラリーマンにとっては持ってこいですよね 🗣/

必要資金

また最も重要な準備資金ですが、
株などと違い、暗号資産や為替は少額からエントリーが可能です。
取引所などによって違いますが、

Bybitは特典センターで受け取れるボーナスからでも取引をすることができます。
Bybitへの最低入金額は特にないので、お好きな金額を入金していただけます。

👉:Bybit入金に関して

ただし、送金する側の「最低送金額」に決まりがあるところも多いので、
その点注意が必要です。

価格変動

また価格変動についてですが、為替市場の場合は大きな指標がない時は比較的安定した値動きをし ていますので、レバレッジを大きくかけない場合は証拠金を多く持たないと然程すぐに利益を増や すことはできません。
しかし暗号資産の場合は、通貨ペアによりますが、
価格変動が大きい物も多く、レバレッジを抑えつつ利益を増やしていくことが可能です。

ここで疑問なのが「
損失も大きくなるのでは?」という点です。

Bybitでは大きな価格変動が起きた際は「逆指値」という方法で資産の減少を最小限に抑えることが できます。これは為替でも同じことができます。
また板取引のため、大きな価格変動で「思った価格で逆指値が約定せずにかなり損を出してしまっ た」ということが起こるマーケットですが、

その点、Bybitでは追証制度もなく、

ロスカットされる際にサーキットブレイクなどで離れた値で約定してしまったとしても

損失分を補填してくれる保険基金」という制度があります。

👉:保険基金とは?

変動要因

また為替は大きくマーケットが動くのを事前に情報サイトなどでキャッチすることが可能ですが、その情報も数多くあり、どの情報をどの程度深読みし理解していくかというのは 初心者の人にとってはハードルが高いものになります。
テクニカルやチャート分析では通用しないほどの価格変動を起こすこともしばしばです😮 💦

暗号資産ではマーケットを揺るがすほどの大きな経済指標などは

事前に情報として出回りません。
例えば今年のバブルは「イーロンマスクがビットコインを買った(売った)」などの情報で 価格が大きく変動することがしばしばありましたが、
こういった情報を事前にキャッチすることはほぼ不可能で、

実際に価格変動が起こってから知るようになります。
ですが365日24時間稼働しているビットコインに対して、価格に影響があるほどの経済指標という のは年トータルで見ても為替市場より圧倒的に少なく、初心者の人にはエントリーしやすいのでは ないかと思います。

✔暗号資産バブル

現在の暗号資産マーケットは完全なバブル相場となっており、

去年のコロナショック時の底値から換算するとビットコインは約16倍にもなりました😮✨

世界の大富豪と呼ばれる人たちの多くが
この為替や暗号資産マーケットで財を成しています。
もちろん、手元に軍資金があればあるほど大きな利益を生むことが可能でしょう。

ですが金ちゃんは去年の3月から0円→をつい最近800万円近くにまですることができました。 かかった期間は約1年半です。

👉:暗号資産バブル1年で0円が300万円に

現在の暗号資産マーケットのほとんどがバブル相場です。
つまり寝ているだけでお金が増える相場言っても過言ではないでしょう。
数十年に何回あるかないかの上昇トレンドで、
長期足で見た時に縦軸に伸びる「トレンド」というのは
相場全体で見た時に3割ほどしかありません。
つまり、ほとんどがレンジ相場で横軸に進むのに対して、
今は縦に、しかも上に伸びる相場ですので、
初心者の方でも難しい手法を使うことなく、大きな利益を出していけるマーケットになっていま す。
もちろんこのマーケットがいつまで続くかは日頃から金ちゃんも分析をしています。

ただ先ほど言ったように、「珍しく簡単に儲かる相場」なのです😮 ✨

✔バブルに乗るか乗らぬかはあなた次第

既に2021年の頭から始まった暗号資産のバブル相場ですが、
これが再バブルといって、年末にかけて再度史上最高値を更新するのではないかという 動きがみられています。
現在為替市場の方は通貨ペアによりますが、
縦軸にトレンドが伸びているものもあれば、そうでないものがあり、まちまちです🤔
そのため、ほとんどの銘柄が縦軸に伸びている暗号資産マーケットの方が、
初心者の方にとっては
「一方向だけのポジション」に集中すればよく、比較的利益を出しやすい相場になっています。

これが為替マーケットのようにレンジ相場だと
ロングもショートも細かく立ち回りと機転を効かせなければいけないことになり、初心者の人に とっては暗号資産よりも難易度が上がります。

✔バブル経験者として

 

2017年と2021年のバブルを経験して特に思ったことは、
バブル相場はそうでない相場に比べてかなり稼ぎやすいということ。
これはどのトレーダーもが同じように思っていると思います。

例えば、少ない資金、低いレバレッジでも、上昇局面であればロングを積み増しし、最低の損切り ラインを決めてあとは放置するやり方でもいいでしょう。
特にほとんどの方がお仕事や主婦でなかなか時間がとれないはずです。

現在の暗号資産マーケットではリスクを最小限に、
そして時間効率よく利益をあげていくことが可能です。
もちろん簡単ではありませんが、為替市場は先ほど申し上げたようにレンジ相場がほとんどですの で、エントリーと利確を繰り返していく作業が必要になります。

まとめ

今回は初心者の方が参入時に迷う2つの資産投資を比較してみました🗣
100人いれば100通りの生活があると思いますので、 一概にどっちが向いてるかなどは変わってくると思います。
ただ金ちゃん自身、4年前に初めてビットコインに出会い、それからずっと暗号資産一筋でここまで やってきました。もちろん最初は右も左も分からない状態でした。
更に言うと、4年前はまだ「暗号資産(仮想通貨)」の情報がほぼ皆無の時期…
「何から始めたらいいのか何が分からないのかも分からない」状態でした。
なのでこのブログを読んでまだ不安になっている方も大丈夫👍
1つづつ悩みや疑問を解決していくことから始めましょう😉✨
そのためにも金ちゃんのTwitterYoutubeなども是非活用してくださいね😊

\バイビット口座開設がまだのかたはコチラ🗣/