最高値更新したETHどこまで上がる?

:この記事は2021年1月26日に作成されたものです。

現在のイーサリアムは

イーサリアムは25日午前に史上最高値でもある1438ドル付近をつけました。
ビットコインが過去の2017年時バブルの約20000ドルを突破したのが12月。
約1ヶ月遅れる形でイーサリアムが史上最高値を更新する形となった。

1月19日に高値TRYした際は大きく突破することができず、
利益確定売りで下げられる展開となったが、多くのトレーダーは想定内だろう。

12月のビットコインも史上最高値を更新するまでに2度弾かれているのだ。
まさに3度目の正直とでも言わんばかりに、
その分厚いレジスタンスを突破したビットコインは止まることを知らず、
そこから瞬く間に1ヶ月で2倍の上昇率を見せるなど、世界にその存在感を知らしめた。

これまでビットコインの値動きによってイーサリアムの価格も上下していたのだが、
ここ数週間は独自の動きをしているようにも思える。

恐らく、去年の夏に発表された米大手Paypal社による、
ビットコインとイーサリアムを使用した決済の
ファンダメンタルズが大きく影響しているようにも思える。


これらの大手企業がビットコインやイーサリアムを大量に保有するなどした動向は、
他の機関投資家たちの間でも話題になり、
資産の逃避先を模索している大口たちは、
ビットコインだけでなく、イーサリアムにも注目しているのだ。

一貫して私自身、ビットコインの次に史上最高値を更新するのはイーサリアムだと公言してきた。

まぁそれはいいとして、このあとイーサリアムはビットコイン同様、
真空地帯へと突入するとどこまで上がってしまうのか相場分析してみたいと思う😊


ETHどこまで上がるのか

イーサリアムはいわずとも週足逆三尊で大きく上昇しました。
特にネックラインを超えた後の上昇率は、
BybitでETHを取り扱い始めてから過去最高のパフォーマンスともなりました👏
現在の価格は1350ドルで、実に1ヶ月で約2.5倍となっています。

イーサリアムは金ちゃんも600ドル台から現物保有してきましたが、
高値TRYをした昨日25日の失敗で、半分を利確しました。

ビットコインと比較すると、3度目のTRYで抜けることができなかった場合、
強く売られると判断したからです。

細かい足で細分化してみても、上がるべきところで上げきらなかった場合は
強く反対方向へ相場が傾くので、注意が必要です。

真空地帯へ飛び立つ可能性は捨て切れませんが、
細かい時間足を見ながら、相場の動く方向にトレンドフォローする立ち回りが
ここからの価格帯では必須になってくると思います。

この真空地帯を抜けた後は、2017年時のバブルほどまでの高騰率はな
いとは思いますが、
ビットコインが1年で安値から10倍の高騰をしたことを考慮すると、
イーサリアムはこの1年で現在まで安値から14倍の高騰をしたことになります。

イーサリアムがこの後再度真空地帯へ突入すると、
青天井のため、価格帯は予想できませんが、2300ドル付近は射程圏内となってくるでしょう。

依然として初心者の方が入るにはかなり難易度の高い相場となっています。

まだ大量のETHを保有していますが、上記のチャート画像を解説すると、
依然としてトレンドは上方向であることは間違いないです。

しかしビットコインも、長期足でのトレンドが終息し、一旦はレンジ相場へ突入する形となっています。

赤のトレンドラインとピンクの水平線を大きな実体の陰線で下抜けた場合、
大きく下落することが予想されますので、
ライン際の相場の動きをよく観察する必要がありそうです👀🔍

まだまだ上抜ける可能性はありますが、3回弾き返されていることから、
次の戦略としてはしっかりとライン抜けた後のロールリバーサルという王道の手法を持って、
トレンドフォローしつつ、うまい立ち回りと機転を利かせていきたいと考えています。

相場の基礎知識などは他のブログでも案内していますので、
よかったら見てみてください。

👉9月ビットコイン覚えておこう基礎知識Ⅳ

\バイビット口座開設がまだのかたはコチラ🗣/