42000ドルが焦点になる

:この記事は2021年5月25日に作成されたものです

現在のビットコインは

\現在の価格38000ドル🗣️/

先週より大きくサーキットブレイクを起こし下落したビットコイン。
42000ドルの超硬い水平線を割り込み、一気に30000ドルまで貫通しました。
前回のブログで指南していたように、
今年始まった上昇トレンドで、トレンド転換をした42000ドルがターニングポイントと話していましたが、ここで支えられて上昇に転じることができなければ
サーキットブレイクで30000ドルまで一気に下落してしまう恐れがあると。
皮肉にもその通りになってしまい、
ビットコインは大きく下落していきました😮

多くの取引所がサーバーダウンを起こした中、唯一通常取引ができたBybit
このような重要局面で取引ができないのは命取りです。

口座開設がまだの方はこの機会に是非口座開設してみてください😉

現在は42000ドルと30000ドルの強力ラインの中を推移している状況で、
しばらくはこの大きなレンジ間で価格が推移していくと思われます。

サーキットブレイクを起こしてまだ1週間しかたっておらず、
1度目は42000ドルのレジスタンスも簡単に超えることができないのは誰にでも容易に検討つくかと思われます。
反対の30000ドルも同様です。

ですがラインの「鮮度」は徐々に弱まっていきますので、
いつかそのラインを「ラインブレイク」する時がやってきます。

果たしてそれはいつなのでしょうか?😮

23日には再度CBで起こした安値付近までサポートを確かめにくるような動きがありました。
しかしここで2度目の安値試しで一気に突き破り再度暴落に転じてしまうことはほぼ可能性として低く、理由としては

①売りの燃料はCBによって焼却されている
②相当強力なラインは2度目のチャレンジではまだ抜けにくい

これは今までのビットコインの相場の動きから読み取れます。

逆も然りなので、42000ドルも2回ほどのアタックでは抜け切ることができません。

2017~2018年の暗号資産バブル時には1度目や2度目の強力ラインも突破してしまうことは多々ありましたが、その当時は板の薄さ、取引量の少なさなどから、簡単に巨額のお金を投じればチャートメイクができたからです。

ですが現在はほとんどが機関投資家による資金の投げ合い、そして取引量も以前のバブルの何倍もになっています。ビットコインはしっかりと綺麗な相場状況の中で適切な値動きをしています。

緑のトレンドラインを抜けてから一気に反発

その後安値付近で大きく反発できたこともあり、下落局面が始まってから抜け切れていなかった緑のトレンドラインを抜けて一気に上昇に転じてきたビットコイン📈


現在は42000ドルと30000ドルの引力の強さから、しばらくはこの間でレンジになるとみられ、
下がってきたら買い、上がったら売る方式で利益を出せるとYoutubeやオンラインサロンでアナウンスしていました。
ですがそのレンジもいつかはラインブレイクして抜けてくる時がやってきます😮

CB後はかなりボラティリティ激しいのでそれ相応に利益を出していけますが、
現在は新しい局面でまだチャートパターンを形成していません。

今は無理にエントリーしようとせず、どのようなチャートパターンを形成していくのか待つ時期と言えるでしょう😉👍

\バイビット口座開設がまだのかたはコチラ🗣/