暗号資産と芸術の融合

仮想通貨の世界はアート界にどのくらい影響を与えたか?実際にはかなり多い。仮想通貨がアートの世界に与える影響は止められない傾向となっている。

はじめに

アンディ・ウォーホルの創造的なポップアート運動からバンクシーの社会政治的ストリートアートまでメディアとしてのアートは常に物語を伝えるためにトレンドを利用してきた。

それで、アーティストが彼らの工芸品を前進させるために仮想通貨とブロックチェーン技術に目を向けていることは驚くべきことではない。仮想通貨がアート世界に与える影響は巨大である。世界中の主要な博物館やギャラリーが仮想通貨の支払いを受け入れ始めただけではなく、仮想通貨とブロックチェーンは革新的なアートプレゼンテーションやアートコレクションの対象にとなっている。

テキサス州の沿岸ベンド博物館とフロリダ州のサンクトペテルブルク歴史博物館がそれぞれ2013年と2014年からビットコインでの入場料を受け入れしていることを知っている?

2018年に、グレイト・トレクス科学センターもチケットの購入や寄付のための仮想通貨の支払いを受け入れ始めた。今、それは私たちがマスターストロークと呼ぶものである。

2016年に、ニュージーランドのアーティスト、サイモン・デニーがニューヨークのペッツェルギャラリーで「ブロックチェーン未来の州」という展覧会を開催した。この展覧会は金融界の新しい取引方法の可能性を探りということで非常に成功した。

彼の展示には一つのイーサリアムともう一つデジタルアセットを含む3つのブースがあった。

クリスティーズ・ニューヨークが今年9月にビットコインをテーマにした巨大なアートオークションを開催したことを知っている?オークションのハイライトはビットコインのソースコードの全1230万桁を含む一連の40の巨大な絵画「心の肖像画」であった。ブロック21は有名なオークションハウスによって競売にかかれたコレクションの唯一の作品であった。シリーズの他の作品は彼らの個人的なコレクションのために仮想通貨愛好家によって取得された。

おそらく、将来的にそれらのコレクターはビットコインのために売却することになる。